« ねずみの競馬予想 2007年7月22日(番外編) | トップページ | ロトの当せんデータを自動取得する(2) »

ロトの当せんデータを自動取得する(1)

しばらくロトの当せんデータを自動取得する方法について書きたいと思います。
使用している開発環境は、Microsoft Visual Basic 2005 です。
まず最初にデータ取得の大まかな方法です。

① メインページ "http://www.takarakuji.mizuhobank.co.jp/index.html"を取得する。
② 取得したメインページのデータからロト6、ミニロト関連のパラメータを抽出して、最新の当せんデータを取得する。
③ メインページの「過去の当せん番号」からロト6、ミニロトの当せんデータを取得する。

本当に大まかにしか書いていませんが、実際には取得したHTMLのデータをファイルに保存しておいて、
必要な時にそのファイルを読み出してHTMLタグ間のデータを抽出して処理する事の繰り返しになります。


第1回目はメインページの取得処理についてです。
.NET FrameworkのWebBrowserクラスを使用した処理です。

Public bDocEnd As Boolean               ' ドキュメントの読み込み終了フラグ

Public Sub WbEndDocument(ByVal sender As Object, ByVal e As WebBrowserDocumentCompletedEventArgs)

    bDocEnd = True

End Sub

' HTML取得(WebBrowser)
Public Function GetHtmlWebBrowser(ByVal stURL As String) As String

    Dim stBuf As String
    Dim Wb As New WebBrowser()

    AddHandler Wb.DocumentCompleted, New WebBrowserDocumentCompletedEventHandler(AddressOf WbEndDocument)

    bDocEnd = False
    Wb.Url = New Uri(stURL)

    ' 完了待ち
    Do While True
        System.Windows.Forms.Application.DoEvents()
        If bDocEnd = True Then
            Exit Do
        End If
    Loop

    RemoveHandler Wb.DocumentCompleted, New WebBrowserDocumentCompletedEventHandler(AddressOf WbEndDocument)

    stBuf = Wb.Document.Body.InnerHtml
    Wb.Dispose()

    Return stBuf

End Function

呼び出し側の処理は下記のようになります。

Dim stHtml As String

stHtml = GetHtmlWebBrowser("http://www.takarakuji.mizuhobank.co.jp/index.html")

これで取得したHTMLデータがstHtmlに格納されます。

|

« ねずみの競馬予想 2007年7月22日(番外編) | トップページ | ロトの当せんデータを自動取得する(2) »

ギャンブル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

ロト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217467/15864715

この記事へのトラックバック一覧です: ロトの当せんデータを自動取得する(1):

« ねずみの競馬予想 2007年7月22日(番外編) | トップページ | ロトの当せんデータを自動取得する(2) »