« ロトの当せんデータを自動取得する(1) | トップページ | ロトの当せんデータを自動取得する(3) »

ロトの当せんデータを自動取得する(2)

今回は、取得したHTMLデータを保存/読み込みする処理についてです。
実際にHTMLタグ間のデータを抽出する処理を作成してデバッグする場合、
取得したテキストデータを文字列操作用の関数(Left、Right、Midなど)で操作して壊してしまった時に
簡単に復帰させるためなどに使用します。
このように保存/読み込みの処理を作成しておけば、ネットが接続されていない環境でもデバッグができます。
また、HTMLタグ間のデータを確認する時はプリンタに印刷して見たほうが効率が良い場合もあるので、
そんな時にも簡単に印刷できるので便利です。

'
' 【テキストデータ保存処理】
'
' stTxt  --> 保存するテキストデータ
' stFile --> 保存ファイル名
'
Public Sub TextSave(ByVal stTxt As String, ByVal stFile As String)

    Dim iFileNo As Integer

    On Error GoTo ErrorHandler

    iFileNo = FreeFile()
    FileOpen(iFileNo, stFile, OpenMode.Output)
    PrintLine(iFileNo, stTxt)
    FileClose(iFileNo)

    Return

ErrorHandler:
    Call MsgBox(Err.Description, MsgBoxStyle.Critical Or MsgBoxStyle.MsgBoxSetForeground)

End Sub

'
' 【テキストデータ読み込み処理】
'
' stTxt  --> 読み込んだデータを格納する文字列データ
' stFile --> 読み込みファイル名
'
Public Sub TextLoad(ByRef stTxt As String, ByVal stFile As String)

    Dim iFileNo As Integer
    Dim stTmp As String

    On Error GoTo ErrorHandler

    iFileNo = FreeFile()
    FileOpen(iFileNo, stFile, OpenMode.Input)
    stTxt = vbNullString
    Do While Not EOF(iFileNo)
        System.Windows.Forms.Application.DoEvents()
        stTmp = LineInput(iFileNo)
        stTxt &= stTmp
    Loop
    FileClose(iFileNo)

    Return

ErrorHandler:
    Call MsgBox(Err.Description, MsgBoxStyle.Critical Or MsgBoxStyle.MsgBoxSetForeground)

End Sub

実際の使い方です。

Dim stHtml As String

stHtml = GetHtmlWebBrowser("http://www.takarakuji.mizuhobank.co.jp/index.html")
Call TextSave(stHtml, "保存ファイル名")
Call TextLoad(stHtml, "読み込みファイル名")

|

« ロトの当せんデータを自動取得する(1) | トップページ | ロトの当せんデータを自動取得する(3) »

ギャンブル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

ロト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217467/15896903

この記事へのトラックバック一覧です: ロトの当せんデータを自動取得する(2):

« ロトの当せんデータを自動取得する(1) | トップページ | ロトの当せんデータを自動取得する(3) »