« ねずみの競馬予想 2007年7月29日(番外編) | トップページ | ロトの当せんデータを自動取得する(5) »

ロトの当せんデータを自動取得する(4)

今回からは、ページの内容から当せんデータを取得する処理についてです。
最初はページ名を判定して処理を振り分ける方法です。

2007年8月1日現在の当せん番号案内のページでは、最新のロト6当せん番号の
ページ名がlt6-new.html、最新のミニロト当せん番号のページ名がloto-new.htmlとなっています。
このようにページ名でロト6、ミニロトどちらのページかを判断できます。
過去の当せん番号のページは、ある程度の期間まで月別のデータになっていますが、
それ以前のデータは第1回~第50回、第51回~第100回のようにまとめられています。

[過去の月別ページ名]

平成19年7月の当せん番号の場合
ロト6      lt6-h1907.html
ミニロト    loto-h1907.html

[過去のデータ]

第1回~第50回の場合
ロト6      loto60001.html
ミニロト    loto0001.html

上記のようなページ名の規則を利用すればページの判断が可能です。

'
' 【当せん番号処理の振り分け】
'
' stFile --> ページ名
'
Public Function LotoNumberProc(ByVal stFile As String) As Integer

    Dim iRet As Integer

    On Error GoTo ErrorHandler

    iRet = 0
    If InStr(1, stFile, "lt6-", CompareMethod.Text) > 0 Then
        ' ロト6最新の当せん番号と過去の月別当せん番号
        iRet = GetLoto6Number(stFile)
    ElseIf InStr(1, stFile, "loto-", CompareMethod.Text) > 0 Then
        ' ミニロト最新の当せん番号と過去の月別当せん番号
        iRet = GetMiniLotoNumber(stFile)
    Else
        If InStr(1, stFile, "loto6", CompareMethod.Text) > 0 Then
            If Len(stFile) = 14 Then
                ' ロト6過去の当せん番号
                iRet = GetLotoNumberPast(stFile, 6)
                Return iRet
            End If
        End If
        ' ミニロト過去の当せん番号
        iRet = GetLotoNumberPast(stFile, 5)
    End If

    Return iRet

ErrorHandler:
    Call MsgBox(Err.Description, MsgBoxStyle.Critical Or MsgBoxStyle.MsgBoxSetForeground)
    Return -1

End Function

|

« ねずみの競馬予想 2007年7月29日(番外編) | トップページ | ロトの当せんデータを自動取得する(5) »

ギャンブル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

ロト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217467/15971646

この記事へのトラックバック一覧です: ロトの当せんデータを自動取得する(4):

« ねずみの競馬予想 2007年7月29日(番外編) | トップページ | ロトの当せんデータを自動取得する(5) »