パソコン・インターネット

1番めーる閉鎖

以下は、1番めーるのトップページのメッセージです。

-------------------------------------------------------------------------

2009年12月30日をもちましてサービスを終了いたしました。

3年間、多くの方にご利用、ご支援頂き運営してまいりましたが、
経営状態悪化により運営を続けることが困難となり、
サービスを終了させて頂きました。これまでご利用頂きましたすべての会員様、
広告主様に対して大変申し訳なく思っております。

当サイトをご利用して頂いたすべての方へ感謝いたします。
本当にありがとうございました。

-------------------------------------------------------------------------

だとさ...

慌てて換金申請したけど、どうかなあ...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

架空請求メール「規約違反による契約不履行の損害賠償請求」

1日おきに2回もメールが来ましたよ~(笑)

1回目の送信者は、lmppv@nugw.org
2回目の送信者は、xardeyvvizgcag@tom.com でした。

//--- ここからメールの本文 ----------------------------------------------------

(株)サイバーデジタル
03-6868-7023
担当の金本
と申します。

今回《総合コミュニティサイト》様で発生しています登録料金の件でご連絡差し上げました。

弊社調査会社になりましてお客様のお使いの{携帯端末}又はPC〈インターネット回線〉に対し
【身辺調査及び裁判代行業務】の依頼を承りました。
誠に遺憾ではございますが、明日正午までにご連絡なき場合は
「規約違反・契約不履行の損害賠償請求(415条)」に伴い

①悪質なお客様として身辺調査の開始
②各信用情報機関に対して個人信用情報の登録
③法的書類を準備作成の上、即刻法的手続(414条1項)の開始以上の手続きに入らせて頂きます。

その後
違約金【四十五万円】の請求になります。

>以降お客様からの和解の申し出には一切応じませんのでご了承下さい。
※メールでのお問い合わせは一切受け付けておりません。
          未払い金のお支払いの手続きや退会処理の手続きをご希望の方は、
(株)サイバーデジタル
03-6868-7023
担当 金本
までお願いいたします。
営業時間 [平日]
午前10:00~午後19:00
(日・祝日を除く)

//--- メールの本文終わり ------------------------------------------------------

それにしても、何だかわけのわからん本文だなあ。
日本人が書いたのかなあ?

くれぐれも本文中の電話番号などに連絡しないように。
無視しましょう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みずほ銀行のHPが変わった!

みずほ銀行の宝くじ当せん案内ページ(宝くじコーナー)のロト6最新回号、
ミニロト最新回号のページフォーマットが変更になっています。
今までは最新のデータが下側になるように配置されていたのですが、
2007年9月から最新回のデータが1番上になるように配置されています。
確かに最新のデータが下側になっていると、画面サイズを小さくしている時に
見逃す可能性があるので、それが理由かな?

ただし、このブログで紹介している「ロトの当せんデータを自動取得する」での
最新回号のデータ取得処理は動作しなくなってしまいました。
でも簡単な処理の変更で修正が可能です。
ヒントは「回別」をキーワード検索して、その位置から <TD> ~ </TD> 間の
文字列を取得して処理するようにすればOKです。
当せん数字のデータが以前のフォーマットと違って順番とおり並んでいるので
わかりやすいと思います。

ちなみに、過去のデータには変更がないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポケコンのPC-1245が出てきた!

昼間に職場の机の引き出しを整理していたら、昔なつかしいシャープのポケコンPC-1245が奥から出てきました。
コンピュータと名の付く物で手に入れた第1号機なんで、久々に姿を見てうれしくなってしまいました。
BASIC言語に触れた最初のマシンなんだよね。
さっそくネットで「PC-1245」で検索してみたら、結構ヒットするもんですね。
マシン語で操作するなんて事が書いてあるページもあって、週末はいじくりまくってやろうかな…なんて思ってます(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IPATのログイン方法変更

セキュリティ向上のため、2007年8月11日(土)からIPAT(パソコン)方式のログイン方法が変更になるそうです。
①【INET-ID入力画面】で「INET-ID」を入力。
②【加入者情報入力画面】で「加入者番号」「暗証番号」「P-ARS番号」を入力。
③【IPAT投票メインメニュー】が表示。

こんな感じみたいです。

自作したIPAT用投票支援ソフトのログイン処理を変更しなくては...
8月11日(土)は早朝から投票支援ソフトのチェックと修正になるような...
シェアウェアを使っている人たちは大丈夫なんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロトの当せんデータを自動取得する(7)

最後は、取得した当せんデータを回数の若い順に並べ替える処理です。
素直にページ順でデータを取得すると最新回のデータが先頭になってその後、過去の月別、
過去のデータという感じの並びになって順番がバラバラになります。
もちろんデータ取得するときにそれを考慮して取得すればソートする必要はないのですが、
今回はデータ取得処理を簡略化しているために最後にソート処理しています。


下記が2007年8月8日に実際にデータ取得したロト6の当せんデータです。

00354,04,06,22,31,34,41 43
00350,13,18,25,26,29,40 06
00351,03,13,16,24,26,43 15
00352,06,08,24,25,34,38 10
00353,01,09,15,16,22,26 29
00346,04,09,11,12,32,38 16
00347,08,20,23,27,32,33 13
00348,04,05,06,27,36,38 13
00349,08,13,15,19,20,30 25

最新回(354回)のあとに2007年7月の当せんデータ(350回~353回)、2007年6月の
当せんデータ(346回~349回)と続きます。これでは少しわかりにくいと思います。


実際に最初のカンマまでの5文字を数値変換して、そのデータでソートするとこんな感じになります。

00346,04,09,11,12,32,38 16
00347,08,20,23,27,32,33 13
00348,04,05,06,27,36,38 13
00349,08,13,15,19,20,30 25
00350,13,18,25,26,29,40 06
00351,03,13,16,24,26,43 15
00352,06,08,24,25,34,38 10
00353,01,09,15,16,22,26 29
00354,04,06,22,31,34,41 43

一応少しわかりにくいのですがソートの処理を記述しておきます。データを入れ替えないで
指定したインデックス配列に昇順のデータがセットされる処理です。
piLoto6Cntにはロト6当せんデータ数、pstLoto6Tmp配列には当せんデータ文字列が格納されているとします。

Dim i As Integer
Dim piLoto6Idx() As Integer             ' 昇順インデックス配列
Dim piLoto6IdxData() As Integer         ' 回数データ配列
Dim pstLoto6() As String                ' ソート後の当せんデータ文字列配列

ReDim piLoto6Idx(piLoto6Cnt)
ReDim piLoto6IdxData(piLoto6Cnt)
For i = 0 To piLoto6Cnt - 1
    ' 先頭5文字を回数データに数値変換
    piLoto6IdxData(i) = CInt(Mid(pstLoto6Tmp(i), 1, 5))
Next i
Call SortIndex(piLoto6Cnt, piLoto6Idx, piLoto6IdxData, 0)   ' 昇順ソートを実行

ReDim pstLoto6(piLoto6Cnt)              ' ソート後の当せんデータ配列を確保
For i = 0 To piLoto6Cnt - 1
    pstLoto6(i) = pstLoto6Tmp(piLoto6Idx(i) - 1)
    Debug.Write(pstLoto6(i))
Next i
'
' 【インデックスソート処理】
'
' iMax      --> データ数
' SortNum() --> ソート順のインデックスが格納される配列
' InData()  --> ソートの元データ
'
Public Sub SortIndex(ByVal iMax As Integer, ByVal SortNum() As Integer, ByVal InData() As Integer,
    ByVal Mode As Integer)

    Dim i, j As Integer
    Dim iNumWork() As Integer
    Dim iWorkData() As Integer
    Dim bSts As Boolean

    Dim iPos, iWork As Integer
    Dim iData As Integer

    ReDim iNumWork(iMax)
    ReDim iWorkData(iMax)

    ' データをチェック
    bSts = False
    For i = 0 To iMax - 1
        If InData(i) <> 0 Then
            bSts = True
            Exit For
        End If
    Next i

    For i = 0 To iMax - 1
        SortNum(i) = i + 1
    Next i

    ' データが全て0の時は終了
    If bSts = False Then
        Return
    End If

    ' ソートデータをセット
    For i = 0 To iMax - 1
        iWorkData(i) = InData(i)
    Next i

    ' データをSORTして数値の高い方から並べる
    For i = 0 To iMax - 2
        iPos = i
        iData = iWorkData(iPos)

        For j = i + 1 To iMax - 1
            If Mode = 0 Then        ' 昇順
                If iData > iWorkData(j) Then
                    iPos = j
                    iData = iWorkData(j)
                End If
            Else                    ' 降順
                If iData < iWorkData(j) Then
                    iPos = j
                    iData = iWorkData(j)
                End If
            End If
        Next j
        iWorkData(iPos) = iWorkData(i)
        iWorkData(i) = iData

        iWork = SortNum(iPos)
        SortNum(iPos) = SortNum(i)
        SortNum(i) = iWork
    Next i

End Sub

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロトの当せんデータを自動取得する(6)

今回は、前回に続いてロト6の過去のデータのページから当せんデータを取得して格納する処理です。
月別データとはページのフォーマットが違うので今回の処理はロト6、ミニロト共通になっています。

処理の方法は月別の処理とほぼ同じです。
タグとキーワード文字列を探してから当せんデータの文字列を抜き取ります。
そのあとに数値変換して格納する。これの連続です。

'
' 【過去の当せん番号取得処理】
'
' stFile --> ページ名
' nMax   --> データ数(ミニロト=5 ロト6=6)
'
Public Function GetLotoNumberPast(ByVal stFile As String, ByVal nMax As Integer) As Integer

    Dim i, j, k, nCnt As Integer
    Dim iPos, iP1, iP2, iP3, iP4 As Integer
    Dim stHtml, stTxt, stTmp As String
    Dim bStart As Boolean
    Dim stBuf As String

    On Error GoTo ErrorHandler

    stHtml = vbNullString

    ' ここでstHtmlにHTTPまたは保存ファイルからページのデータを読み込んでおく

    j = 0

    iPos = InStr(1, stHtml, "回別", CompareMethod.Text)
    If iPos = 0 Then Return 0

    bStart = False
    iPos = InStr(iPos, stHtml, "<TD", CompareMethod.Text)
    Do While (iPos > 0)
        System.Windows.Forms.Application.DoEvents()

        iP1 = InStr(iPos, stHtml, "/TD>", CompareMethod.Text)
        If iP1 > 0 Then
            stTxt = Mid(stHtml, iPos, iP1 - iPos)
            iP2 = InStr(2, stTxt, ">", CompareMethod.Text)
            iP3 = InStr(2, stTxt, "<span", CompareMethod.Text)
            If iP3 > 0 Then
                iP2 = InStr(iP3, stTxt, ">", CompareMethod.Text)
            End If
            If iP2 > 0 Then
                iP3 = InStr(iP2, stTxt, "<", CompareMethod.Text)
                If iP3 > 0 Then
                    stTmp = Mid(stTxt, iP2 + 1, iP3 - iP2 - 1)
                    If bStart = False Then
                        ' -----------------------------------------------------
                        ' n回のデータを取得する処理
                        ' -----------------------------------------------------
                        iP2 = InStr(1, stTmp, "第")
                        iP3 = InStr(1, stTmp, "回")
                        iP4 = InStr(1, stTmp, "~")
                        If iP2 > 0 And iP3 > 0 And iP4 = 0 Then
                            stTmp = Mid(stTmp, iP2 + 1, iP3 - iP2 - 1)
                            NumWork(j).CountTime = CInt(stTmp)
                            nCnt = 0
                            bStart = True
                        End If
                    Else
                        ' -----------------------------------------------------
                        ' 当せんデータ(ボーナス数字含む)を取得する処理
                        ' -----------------------------------------------------
                        iP2 = InStr(1, stTmp, "年")
                        If iP2 = 0 Then
                            NumWork(j).Data(nCnt) = CByte(stTmp)
                            nCnt += 1
                            If nCnt >= (nMax + 1) Then
                                ' 当せんデータ文字列を作成
                                stBuf = Format(NumWork(j).CountTime, "00000")
                                For k = 0 To nMax - 1
                                    stBuf &= "," & Format(NumWork(j).Data(k), "00")
                                Next k
                                stBuf &= " " & Format(NumWork(j).Data(nMax), "00")
                                stBuf &= vbCrLf

                                ' 当せんデータ文字列を格納
                                If nMax = 5 Then
                                    ReDim Preserve pstMiniLotoTmp(piMiniCnt)
                                    pstMiniLotoTmp(piMiniCnt) = stBuf
                                    piMiniCnt += 1
                                Else
                                    ReDim Preserve pstLoto6Tmp(piLoto6Cnt)
                                    pstLoto6Tmp(piLoto6Cnt) = stBuf
                                    piLoto6Cnt += 1
                                End If

                                bStart = False
                                j += 1
                            End If
                        End If
                    End If
                End If
            End If
            iPos = InStr(iP1, stHtml, "<TD", CompareMethod.Text)
        Else
            iPos = InStr(iPos + 4, stHtml, "<TD", CompareMethod.Text)
        End If
    Loop

    Return j

ErrorHandler:
    Call MsgBox(Err.Description, MsgBoxStyle.Critical Or MsgBoxStyle.MsgBoxSetForeground)
    Return -1

End Function

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロトの当せんデータを自動取得する(5)

今回は、実際にロト6の月別当せんデータのページからデータを取得して格納する処理です。

この処理では、取得したデータは文字列として保存しています。
ボーナス数字の手前はスペース区切りで、その他はカンマ区切りになっています。
最終的に当せんデータをファイル保存したときにエクセルで見れるようなフォーマットです。

n回(5文字),数字1,数字2,数字3,数字4,数字5,数字6 ボーナス数字

00001,02,08,10,13,27,30 39
00002,01,09,16,20,21,43 05
00003,01,05,15,31,36,38 13
00004,16,18,26,27,34,40 13
00005,09,15,21,23,27,28 43

また、当せんデータの取得のために構造体を作成してワークエリアとして使用しています。

' 当せんデータ用の構造体
Structure LOTODATA
    Dim CountTime As Integer            ' n回
    Dim Data() As Byte                  ' 当せん数字
    Public Sub Initialize()
        CountTime = 0
        ReDim Data(6)                   ' ボーナス数字を含む最大7データ
    End Sub
End Structure

' 過去のデータは最大50回分のデータがまとまっているので、余裕分も含めて51データ分を確保
Public NumWork(50) As LOTODATA

取得したデータの文字列(当せんデータ)はグローバルな pstLoto6Tmp に格納します。
piLoto6Cnt はデータを取得する毎インクリメントされるカウンタです。起動時に0クリアしておきます。

Public pstLoto6Tmp() As String          ' ロト6当せんデータ文字列
Public piLoto6Cnt As Integer            ' ロト6当せんデータ総数

さて、ここからが実際に当せん番号のデータを取得する処理です。
説明を書こうと思ったのですが、かなり強引に処理をしているために細かい説明がうまく書けません。
何をしているかというと、タグとキーワード文字列を探してから当せんデータの文字列を抜き取ります。
そのあとに数値変換して格納する。これの連続です。

'
' 【ロト6月別当せん番号取得処理】
'
' stFile --> ページ名
'
Public Function GetLoto6Number(ByVal stFile As String) As Integer

    Dim i, j, k, nCnt As Integer
    Dim iPos, iP1, iP2, iP3, iP4, iP5 As Integer
    Dim stHtml, stTxt, stTmp As String
    Dim bStart As Boolean
    Dim stBuf As String

    On Error GoTo ErrorHandler

    stHtml = vbNullString

    ' ここでstHtmlにHTTPまたは保存ファイルからページのデータを読み込んでおく

    j = 0

    iPos = InStr(1, stHtml, "回別", CompareMethod.Text)
    If iPos = 0 Then Return 0

    bStart = False
    iPos = InStr(iPos, stHtml, "<TD", CompareMethod.Text)
    Do While (iPos > 0)
        System.Windows.Forms.Application.DoEvents()

        iP1 = InStr(iPos, stHtml, "/TD>", CompareMethod.Text)
        If iP1 > 0 Then
            stTxt = Mid(stHtml, iPos, iP1 - iPos)
            iP2 = InStr(2, stTxt, ">", CompareMethod.Text)
            iP3 = InStr(2, stTxt, "(", CompareMethod.Text)
            If iP2 > 0 Or iP3 > 0 Then
                stTmp = Mid(stTxt, iP2 + 1, Len(stTxt) - iP2)
                If bStart = False Then
                    ' ---------------------------------------------------------
                    ' n回のデータを取得する処理
                    ' ---------------------------------------------------------
                    iP2 = InStr(1, stTmp, "第")
                    iP3 = InStr(1, stTmp, "回")
                    If iP2 > 0 And iP3 > 0 And InStr(1, stTmp, "~") = 0 Then
                        stTmp = Mid(stTmp, iP2 + 1, iP3 - iP2 - 1)
                        NumWork(j).CountTime = CInt(stTmp)
                        nCnt = 0
                        bStart = True
                    End If
                Else
                    ' ---------------------------------------------------------
                    ' 当せんデータ(ボーナス数字含む)を取得する処理
                    ' ---------------------------------------------------------
                    iP2 = InStr(1, stTmp, "年")
                    iP3 = InStr(1, stTmp, "販売")
                    If iP2 = 0 And iP3 = 0 Then
                        iP2 = InStr(1, stTmp, ".")
                        iP3 = InStr(1, stTmp, ".")
                        iP4 = InStr(1, stTmp, "口")
                        iP5 = InStr(1, stTmp, "該当なし")
                        If iP2 = 0 And iP3 = 0 And iP4 = 0 And iP5 = 0 Then
                            iP2 = InStr(1, stTmp, "(")
                            iP3 = InStr(1, stTmp, ")")
                            If iP2 > 0 And iP3 > 0 Then
                                stTmp = Mid(stTmp, iP2 + 1, iP3 - iP2 - 1)
                            End If

                            iP2 = InStr(1, stTmp, "<")
                            If iP2 > 0 Then
                                stTmp = Mid(stTmp, 1, iP2 - 1)
                            End If

                            NumWork(j).Data(nCnt) = CByte(stTmp)
                            nCnt += 1
                            If nCnt >= (6 + 1) Then
                                ' 当せんデータ文字列を作成
                                stBuf = Format(NumWork(j).CountTime, "00000")
                                For k = 0 To 2
                                    stBuf &= "," & Format(NumWork(j).Data(k), "00")
                                Next k
                                For k = 4 To 6
                                    stBuf &= "," & Format(NumWork(j).Data(k), "00")
                                Next k
                                stBuf &= " " & Format(NumWork(j).Data(3), "00")
                                stBuf &= vbCrLf

                                ' 当せんデータ文字列を格納
                                ReDim Preserve pstLoto6Tmp(piLoto6Cnt)
                                pstLoto6Tmp(piLoto6Cnt) = stBuf
                                piLoto6Cnt += 1

                                bStart = False
                                j += 1
                            End If
                        End If
                    End If
                End If
            End If
            iPos = InStr(iP1, stHtml, "<TD", CompareMethod.Text)
        Else
            iPos = InStr(iPos + 4, stHtml, "<TD", CompareMethod.Text)
        End If
    Loop

    Return j

ErrorHandler:
    Call MsgBox(Err.Description, MsgBoxStyle.Critical Or MsgBoxStyle.MsgBoxSetForeground)
    Return -1

End Function

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロトの当せんデータを自動取得する(4)

今回からは、ページの内容から当せんデータを取得する処理についてです。
最初はページ名を判定して処理を振り分ける方法です。

2007年8月1日現在の当せん番号案内のページでは、最新のロト6当せん番号の
ページ名がlt6-new.html、最新のミニロト当せん番号のページ名がloto-new.htmlとなっています。
このようにページ名でロト6、ミニロトどちらのページかを判断できます。
過去の当せん番号のページは、ある程度の期間まで月別のデータになっていますが、
それ以前のデータは第1回~第50回、第51回~第100回のようにまとめられています。

[過去の月別ページ名]

平成19年7月の当せん番号の場合
ロト6      lt6-h1907.html
ミニロト    loto-h1907.html

[過去のデータ]

第1回~第50回の場合
ロト6      loto60001.html
ミニロト    loto0001.html

上記のようなページ名の規則を利用すればページの判断が可能です。

'
' 【当せん番号処理の振り分け】
'
' stFile --> ページ名
'
Public Function LotoNumberProc(ByVal stFile As String) As Integer

    Dim iRet As Integer

    On Error GoTo ErrorHandler

    iRet = 0
    If InStr(1, stFile, "lt6-", CompareMethod.Text) > 0 Then
        ' ロト6最新の当せん番号と過去の月別当せん番号
        iRet = GetLoto6Number(stFile)
    ElseIf InStr(1, stFile, "loto-", CompareMethod.Text) > 0 Then
        ' ミニロト最新の当せん番号と過去の月別当せん番号
        iRet = GetMiniLotoNumber(stFile)
    Else
        If InStr(1, stFile, "loto6", CompareMethod.Text) > 0 Then
            If Len(stFile) = 14 Then
                ' ロト6過去の当せん番号
                iRet = GetLotoNumberPast(stFile, 6)
                Return iRet
            End If
        End If
        ' ミニロト過去の当せん番号
        iRet = GetLotoNumberPast(stFile, 5)
    End If

    Return iRet

ErrorHandler:
    Call MsgBox(Err.Description, MsgBoxStyle.Critical Or MsgBoxStyle.MsgBoxSetForeground)
    Return -1

End Function

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DriveCleanerとSystemDoctor

Windows XP SP2用のIE7がリリースされたので最近までIE7を使っていたのですが、
勝手に異常終了することが多かったのでIE6に戻しました。
(IE6に戻す方法は「コントロールパネル」 --> 「プログラムの追加と削除」でIE7を削除すればIE6に戻ります)

IE6に戻して数日後、今までに見たことのないメッセージの出現!
それが詐欺的セキュリティソフトDriveCleanerと偽セキュリティソフトSystemDoctorのお出ましでした。
IE7の時は異常終了していて気が付かなかったのかもしれません。
いかがわしいサイトにアクセスしてたのならまだ我慢するのですが、今回は初期インストールされている
リンク先へのアクセスで起こったことなので、注意を促す意味も含めて書きました。
どちらも無料版を勝手にインストールしておいて、後から有料版を購入させようとするみたいです。

サイト名は公表しませんが、普通にクリックするとメディアプレーヤーが起動するはずなのに(インターネットラジオ)、
なぜか似たような英語の別のページが表示されてメーセージボックスが表示されました。

Drivecleaner1_4

何だかわけのわからない日本語です(笑)
「プライバシーを侵入するのがたぶん分からず」「お仕事とご結婚が危険です」まったく変な日本語です。
最初は「何だろう?」と思っていたのですが、ウィルスかスパイウェアだと思って「キャンセル」ボタンを押しました。
するとキャンセルなのに別の画面に飛ばされてしまいました。

Drivecleaner2_3

今度は「危険なファイルを見つけたから削除しますか?」と聞いてきました。
これ以上クリックするとどうなるかわからないので、「CTRL」+「ALT」+「DEL」キーを同時に押して、
タスクマネージャーを起動して、「DriveCleaner - Microsoft Internet Explorer」を選択して「タスクの終了」ボタンで
終了させてしまいました。

また、別のページが表示される時もありました。

Drivecleaner3

これもヤバそうだったのでタスクマネージャーを起動して終了させてしまいました。
画面の内容がどう考えてもおかしいです。自分のパソコンにはDVDドライブは接続していないのに、
なぜかデバイス認識されています。それにドライブ名が適当。
ブラウザはFirefoxではないし、パソコンの位置???はウクライナのキエフ。なんのこっちゃ(笑)

ここでやめておけばいいのですが、怖いもの見たさでもう一度同じサイトにアクセスしたら、
今度はSystemDoctorの出現です(笑)

Systemdoctor1

こっちの日本語はかなりマシです(笑)。でもここで「OK」なんて押しちゃダメです。
これもキャンセルしても別の画面に飛ばされてしまいます。

Systemdoctor2

結局これもタスクマネージャーを起動して終了させてしまいました。

この2つの詐欺的ソフト、何とか途中で簡単に終了する方法はないかと思ったのですが、
あまり深入りしてはいけないと思ってやめてしまいました。
自分のパソコンにはウィルス検出の鈍い「ウィルスセキュリティ」がインストールされているのですが
「ピクリ」とも反応しません(笑)
まあ、このようなソフトウェアをウィルスと呼ぶのかわかりませんが、「ウィルスセキュリティ」に関しては
普段からウィルス添付のメールも検出してくれないことが多いのであきらめています(汗)

画面をよく見ないで何でも「OK」をクリックしてしまうクセのある方はご注意を。

以下は関連サイトへのリンクです。参考にしましょう。

日本語のUIを持つ詐欺的セキュリティソフト「DriveCleaner」
続々出現する“偽セキュリティ・ソフト”の日本語版に注意
日本語のUIを持つ詐欺的セキュリティソフト「DriveCleaner」
偽セキュリティ対策ソフト「SystemDoctor 2006」に日本語版が登場


| | コメント (0) | トラックバック (0)