芸能・アイドル

懐かしいアイドル、和泉友子さん パート3

湘南のJOHN LENNONさんが、YouTubeで発見した和泉友子さんの
貴重な映像の情報をトラックバックで教えてくれました。
感謝感激!雨あられです!

和泉友子さんがデビューした当時、自分はまだ高校生でした。
ベータやVHSの家庭用ビデオも普及し始めで、高校生の自分には
手が出なかったので、映像として手元に残っているものは
ほとんどありません。

まさか25年以上も経過してこんな映像が見れるなんて
思ってもいませんでした。

詳しくは、湘南のJOHN LENNONさんのブログを見てね。
和泉友子 青い水平線 超レア大感動!

| | コメント (34) | トラックバック (4)

Wow

やってくれましたカイリー・ミノーグ。
通勤途中のFMラジオで初めてWowを聴いたとき「なんじゃコリャ!」って感じでした。
最初は誰の曲かわからなかったけど、曲が終わったあとのパーソナリティの
曲名紹介でカイリー・ミノーグの曲とわかって「やるじゃん!」と思ったよ。
20年前にフラッシュバックしたような感覚で、毎日のように
「I should be so lucky Lucky lucky lucky♪」ってラジオから流れてた頃を
懐かしく思い出したよ。
確か1968年生まれだから、まさに中年のアイドル!
数年前にマドンナが「Confessions On A Dance Floor」をリリースしたときも、
「やるじゃん!」と思ったけど、カイリーもスゴイね。

個人的には7曲目の「The One」も好きかな。

X(期間限定スペシャル・プライス) [Limited Edition]
Ultimate Kylie

| | コメント (0) | トラックバック (0)

懐かしいアイドル、和泉友子さん パート2

  Izumi1      Izumi2

机の中を探したら、雑誌「オートバイ」に連載していた和泉友子さんの
「TOMOKOのふわふわバブルLOVE」の切り抜きが出てきた。
この切り抜きには、某テレビ局の水泳大会のポロリ事件についても書かれていたよ。

以下、切り抜きからの抜粋

=====================================================================

あ、悪夢の1月3日

忘れもしない、1月3日。某テレビ局の”水上大運動会”という番組で、
私が競泳中に水着がとれてしまったところを、しっかり放映してくれたんです。
たまたま仕事の合間にテレビを見ていた私は茫然。
なんの予告もなしに、前ぶれもなしに、あの場面を目のあたりにして、
気が遠くなるほどの大SHOCKでした。
何故、歌手になったというだけで、こんな目にあわなくっちゃいけないんだろう...。
まるでナイフで胸をつかれて、グチャグチャにかきまわされたんじゃないかと
思ったくらいでした。
今は、テレビ技術も進んで”カット”という便利なものまであるのにね。
もちろん我がマネージャー氏も放映の前にチェックをしていてくれたんだけれど...

=====================================================================

まあ、結局は事務所にうまく利用されてしまったという感じかな。
1982年のお正月、もう25年以上前のことだよね。

そうそう、和泉友子さんの誕生日は、1月17日です。
山口百恵さんと同じ。あとは、忘れられない阪神・淡路大震災と同じです。

上の画像の左側は、雑誌にちょこっと載ってた記事の写真です。
髪型と服装が時代を感じさせるね。でもカワイイ。


| | コメント (9) | トラックバック (0)

懐かしいアイドル、和泉友子さん

なぜか急に、昔好きだったアイドルのことを思い出した。
「青い水平線」でデビューして、ペプシコーラのCMやクイズ番組「ドレミファドン」の
アシスタントなんかをやってたサーファーの和泉友子さん、可愛かったんだよな~
某テレビ局の水泳大会でポロリ事件なんかもあって、2枚目のシングル「街角ロンリネス」をリリースした後は、
だんだんとメディアから姿を消しちゃった。
一時期、曜日は忘れてしまったんだけど、ラジオ関西の「ギンギンぎらぎら大放送」という
深夜0時から2時までの2時間枠のラジオ放送を担当していて、かなり遠いラジオ局の放送を
フェージングに負けずに必死で聞いてたよ。
何回か番組にハガキを出して1回だけ番組の最後に読まれた時は、深夜にかかわらず大声で絶叫したね(笑)
確かデビューから渡辺プロダクションに所属していて、ファンレターも結構出したんだけど
必ず返事をくれてうれしかったなあ。
最後にもらった返事には、「クマスタジオ」という事務所に移籍するようなことが書いてあって、
昔は、今みたいに情報が氾濫していなかったんで、「クマスタジオ」の住所もわからなくて
その後はファンレターも出せなくなってしまった。
メディアから姿を消す前は、「GORO」とか「ベッピン」とかの雑誌でセミヌードも披露しちゃって、
少しショックだったよ。
今はどうしてるのかなあ?年代としては40代半ばなんだけど、たぶん今でも可愛いんだろうなあ?

| | コメント (0) | トラックバック (2)